プロフィール

別府葉子 (べっぷようこ)

シャンソン歌手・訳詞家(日本訳詩家協会会員)

大阪市在住。香川県高松市生まれ。

小中学校で合唱を、高校・大学ではクラシックギター、ロックバンドと、幅広く音楽活動。
京都産業大学フランス語学科を卒業後、高松市からフランスのトゥール市に姉妹都市親善留学生として派遣されたことがきっかけとなり、香川日仏協会でシャンソン教室講師を努め、その後、この教室を実質的に引き継ぐ形で、2014年3月まで別府葉子シャンソン教室を運営した。

1997年より、関西を中心にコンサート開始。
「シャンソンの夕べ(2000)」グランプリ・大阪府知事賞、「Concours J’aime chanter(2002)」歌の道賞ほか、数々のコンクールでの受賞を経て、新宿「シャンパーニュ」歌手オーディションに合格(2003)し、本格的な歌手活動を開始した。
2009年より、大阪・東京で、定期的にホールでのソロコンサートを開催し、東北から九州まで全国各地で演奏活動を幅広く展開。

2015年、自身でのプロデュースバンド「別府葉子シャンソントリオ」を結成。独自のアレンジを携え、スタンダード・シャンソンに加え、ミュゼット音楽、ジプシー音楽、オリジナル曲などを次々に発表。

現在は、東京・大阪・名古屋などで、コンサートを定期開催するほか、全国ツアーを展開するなど、ライブ・コンサートを活動の中心に置いている。

日欧の言葉を操り、時に優しく、時に迫力に満ちた声で、ヨーロッパ音楽の本来の輝きを再現できる独特な魅力を持った実力派として高い人気と評価を得ている。

2016年、2017年、大阪ヴォーカルコンクール審査員を務める。

自身の音楽活動に専念するため、2014年3月に自身が香川県で運営していた各教室を全て閉じたが、その後も、門下生を中心に、歌会「サロン・ド・葉子」を定期開催、また香川県各地でのライブ活動など、出身地香川県への特別な思いを抱き続けている。

チラシ・ポスターなど用のプロフィール(ショートバージョン)

【別府葉子ソロ・アルバム】
2006 1stCDアルバム<仏蘭西小劇場〜脱走兵> ※2010年再販
2008 2ndCDアルバム<Reves レーヴ〜夢>
2012 3rdCDアルバム<スケッチブック 海辺の祈り〜パリの街角>
2014 4thCDアルバムライブ盤<別府葉子コンサート〜Beppu元気です>
2014 5thCDミニアルバム<いつもあなたを想ってる>
【別府葉子シャンソントリオ】
2017 1stCDアルバム<ばら色のJE T’AIME!(ジュテーム)>
※ハイレゾ音源として、SonyMora,e-onkyoとメジャー各社から販売中。

いずれも好評発売中。

別府葉子シャンソントリオ プロフィール

Voc/Gt:別府葉子 Piano:鶴岡雅子 Bass:中村尚美

シャンソン・シンガー別府葉子がリーダーをつとめる、女性3人のアコースティック・トリオ。個々に音楽活動を展開してきたプレイヤーたちが、2015年春、別府葉子コンサートツアーのためトリオを結成。以後、シャンソントリオとして活動、全国ツアーなどを行っている。

訳詞家、シンガーソングライターでもある別府葉子がギターとともに紡ぎ出す音楽世界を、心を揺さぶる中村尚美のベースプレイが彩り、鶴岡雅子のピアノが優しく包み込む。

古謡から現代曲まで、フランスの歌を中心に、ヨーロッパ音楽やオリジナル曲を演奏。日欧の言葉を操り、時に優しく、時に迫力に満ちた声と演奏で、ヨーロッパ音楽の本来の輝きを再現できる独特な魅力を持った実力派として、高い人気と評価を得ている。

【メンバー・プロフィール】
別府葉子 Voc/Guitar
大学でフランス語を学んだ後、姉妹都市親善留学生としてフランスへ。
帰国後、故郷の香川日仏協会でシャンソン講師を努めたことをきっかけに、97年頃より演奏活動を開始。「シャンソンの夕べ(’00)」全国1位(大阪府知事賞・グランプリ受賞)、「Concours J’aime chanter(’02)」歌の道賞ほか、数々のコンクール受賞を経て、老舗シャンソニエ「シャンパーニュ」より歌手デビュー。現在は、東京・大阪・名古屋でコンサートを定期開催するほか、全国ツアーを展開するなど、ライブ、コンサートを活動の中心に置いている。日欧の言葉を操り、時に優しく、時に迫力に満ちた声で、ヨーロッパ音楽の本来の輝きを再現できる独特な魅力を持った実力派として高い人気と評価を得ている。2014年12月、Youtubeで評判の〈百万本のバラ〉、オリジナル2曲を含む5作目CDアルバム「いつもあなたを想ってる」を発表、アルバム毎に新境地をみせている。2015年にスタートした別府葉子シャンソントリオ(pf鶴岡雅子,b中村尚美)での全国ツアーは好評を博し、今春5月、同メンバーでのNewアルバム「ばら色のJE T’AIME!」リリース。ハイレゾ音源として、SonyMora, e-onkyoとメジャー配信各社から販売中。大阪市在住。
日本訳詩家協会会員。2016年、2017年、大阪ヴォーカルコンクール審査員。
鶴岡雅子 Piano
作陽短期大学音楽科(サックス専攻)卒業後、カワイ音楽教室でピアノ講師を務める。2005年より自身の教室を開き、全国大会に受賞する門下生らを輩出する一方、ライフワークとして知的障がいを持つ子供達と音楽で心通わすための活動を続けている。
他方、ジャズピアニストとしても、各地で数々のコンサートに参加し、さらに優れたリズム感で、アコーディオン、サックス、パーカッション等の演奏も手がけるなど、次々に活躍の場を広げ、トレードマークとなっている笑顔の魅力と相まって只今ブレイク中。
中村尚美 Bass
中学・高校と吹奏楽部に所属しコントラバスを担当。関西外国語大学にコントラバス推薦にて入学、吹奏楽部に在籍中、個人的にジャズベースを上山崎初美氏に師事する。1997年、阪神大震災の復興を願うCD『Dusk&Dawn』に参加。1999年ニューヨーク国連本部、2000年東京ユニセフハウスオープニング記念に皇太子殿下・雅子様の前で招待演奏。2001年と2002年には、Musette Jazz Bandのレギュラーとして渡仏、パリを中心にライブコンサート。2003年3月、映画『僕のスイング』関西公開記念ライブ、8月にはその映画に出演していたチャボロ・シュミットのプレステージへ出演。2004年、韓国「ソウルドラムフェスティバル」、2005年4月中国・上海市衛星放送『東方衛視』と関西テレビとの合同制作番組『花開東方』に出演。7月には、日本を代表するモダンジャズクラリネット奏者・滝川雅弘氏のCDに参加。一流ジャズプレイヤーとのセッションも多く、自身のユニットや参加しているユニット、そしてサポートミュージシャンとしての日々を送っている。 2006年4月、本人プロデュースのピアノトリオJazz CD『うさぎのラビット』、2009年11月、女性ばかりのリーダーバンド「Mon chouchou」よりファーストCDを発表。2011年3月、TV東京BSジャパンにて放送された音楽番組、「美女ジャズ」に出演し話題となる。「THE JAZZ LADY」 のCD 『The Jazz Lady』をリリース、「サッポロ・シティ・ジャズ2013」に 「THE JAZZ LADY」 で出演。 2015年に「The Jazz Lady Project」でCD『Girl Tark』をリリース、2017年には「The Jazz Lady Project」で『シネマに恋して』をリリース。